YUKKO 13



How sweet you are

どこにいても 何をしていても
いつだって つながっている

ふと、思い出したようにメールを送ってみたけど
本当はずっと思っていた

自分にとって本当に大切な人は
どんなに距離があっても
時間が経っても
ブランクなんてない

ずっと続いていける

そうであってほしい


時々 思います あなたの事を
四六時中ぢゃないです。本当 時々です。

髪を切りました。そうとうバッサリと。
見てほしいケド 勇気がないのです。
この歌が届いてればいいんですケド・・・
そんでホメてくれたらうれしいですケド・・・

「おだやかな顔ね」そう言われて思うのは
微笑んで考える・・・あなたのおかげです。

でもそのせいで そうとう長い間
誰も好きになれません。
あなたのせいです。

時々 思います あなたの事を
四六時中ぢゃないです。 本当 時々です。

[PR]
# by yurry-yurry | 2011-02-24 00:12 | идеал(理想)

I cry

泣けるうちはまだ大丈夫なんだ。
自分に心が残っている証拠。
心が動かされる証拠。
ちゃんと感じているということ。

あなたを想って、自分を想って
何度泣いたことだろう。
その涙をあなたは一度も見たことがない。

目の前で泣いていたら
そっと優しく抱きしめてくれるだろうか。
手を差し伸べてくれるだろうか。

今日も私は1人で泣いている。
胸の痛みに耐え切れず
伝わらないもどかしさと
届かないあなたの手を想って。

1人で泣く夜を
何度超えてきただろう。
何度諦めようと思っただろう。
何度自分の弱さを嘆いただろう。
何度愛されたいと思っただろう。

悲しい涙はもう嫌だ。
[PR]
# by yurry-yurry | 2010-06-01 22:46 | дневник(日記)

愛の病

不安にさせないで
私を放っておかないで
いつも愛されてるって感じさせて
お願い、これ以上離れていかないで

寂しさと不安で今日も押しつぶされる
もうあなたから解放されたい
こんな思いをするなら
意地でも落ちるんじゃなかった

絶対大丈夫って言ったのはあなた
でもそれを壊したのは私なの?

すれ違って見えなくなっていく
ふとしたことに「普通」じゃいられなくなっていく
余裕がなくなって、強気な私がいなくなった

自分を取り戻したい

でも、あなたじゃなきゃダメみたい


あなたを好きで心底愛して
こんなに切ないものなんだって
声を殺して泣きました

この出会いであたしの体が 
変わっていくもんなんだって
照れくさくて微笑みました

明日あなたがいなくなって
明後日心変わりして
いつか嫌いになられたら

あたしのこの余計な考えを
今すぐとっぱらってよ
もう離しはしないと
約束しなくてもいいから
不安で眠れない夜
隣にいてください
今夜そうしてください

~aiko 愛の病~

[PR]
# by yurry-yurry | 2010-05-28 20:40 | дневник(日記)

太陽と北風

ストレートしか投げられない私は
相手に合わせて自分を変えるとか
相手の気持ちを伺いながら何かをするということが
とても苦手なのです。

それはときにはとてつもない強さを発揮し、
相手の心をズキュンと捉えることもできるわけですが、
そうじゃないときもあって、
それを受け止めてもらえないときの悲しさは
自分という存在自体を否定されるくらいの
大きなダメージとなって自分に返ってくる。

絡まった糸を解きたいと、もがけばもがくほど
どんどん絡まっていって、
あ、解けそうって思ったときには、また違う糸が絡まっていたりして
どんどん複雑になっていくその糸を解くための気力さえも
なくなっていく。
そもそも何のためにその糸を解きたいのかさえもわからなくなってしまう。

ありのままの自分を受け入れてほしいと思うのは
傲慢なことなのでしょうか?
今いる私を愛してほしいと思うのは
間違っているのでしょうか?

自分の気持ちを伝えれば伝えるほど
頑なに閉ざされていくものをどうやったら開けるのかと
ずっと考えてはいるのですが、
どうしても我が強いが故に、なかなか自分を押しとめておくことができず、
またいらないことを言ってしまう。
これではまるで北風と同じ。
今の私の「わかってほしい」という思いや言葉は北風と同じ。
愛される太陽になるために心を穏やかに「わかってあげたい」と思いたい。

なんで私が?なんのために?
その思いを捨てきれたとき、何かが見えてくると信じたい。
[PR]
# by yurry-yurry | 2010-05-24 18:20 | идеал(理想)

2009

もうすぐ今年も終わり。
全く実感もなく、ただぼんやりとテレビを見ている。

今年は大きな変化の年だった。
いろんな出会いと別れがあった。
素敵な恋もした。

私の人生は本当に恵まれていると思う。
たくさんの素敵な人たちに支えられているから。
全ては彼らのおかげだと思う。
本当にありがとう。

どこにいても、何をしてても、私のことをわかってくれる人たちがいる。

「なんで泣いてんの?」って笑い飛ばして、私を励ましてくれる人がいる。
一緒に悩んでくれる人がいる。
とりとめもない話にずっと付き合ってくれる人がいる。
「そんなのダメだよ」って叱ってくれる人がいる。
くだらない話でお腹が痛くなるほど笑える人がいる。
一緒にお酒を飲んで酔っ払ってくれる人がいる。
「先生」って呼んでくれる可愛い学生たちがいる。

そしてあなたに出会えた。
私が思いっきり泣ける場所。
私が安心して眠れる場所。
甘えられる場所。
髪をなでてくれる手の優しさを私はまだ覚えている。


なにげない話だけでも 心があったかくなる
不思議ね恋は 魔法にかかったみたい

気づけば目線の先は 彼ばかりになってたわ
こんな気持ちは 初めてだったのに

神様なぜ? 意地悪なの
二人の恋はもう 叶わぬ夢

いつからか会うようになり 手をつなぎキスをしたわ
「時間よ止まれ」って恥ずかしいセリフまで
言ってしまうほど 離れたくない
でもね 彼はもう帰ってしまう

時は過ぎ 季節は変わってゆくけれど
好きなの どうしようもないくらい好き
きっといつか 聞こえる
今という時間に どれ程の意味があったか

形のない愛だけど 想いは確かなものよ
あなたの髪に触れたら 胸が鳴る

~魔法使いのしわざ~

[PR]
# by yurry-yurry | 2009-12-31 22:24 | дневник(日記)

Merry Christmas

クリスマスプレゼントが届いていた。
もう届くことはないと諦めていたはずのあなたからのメッセージ。
涙でかすんで上手く見えなくても、伝わってくる。

この一週間、ほとんど何も手につかなくて、
毎日のようにあなたの夢を見た。
大丈夫って言ったのに嘘つき。ごめんね。

「早く大人にならなきゃ」

と、あなたは言う。

そうしたら私のことも忘れて、もっと幸せになれるんだろうか?
私は心からあなたの幸せを願っている。嘘じゃないよ。

でもね、私の好きなあなたでなくなってしまいそうで。
私のことを好きだと言ってくれたあなたがいなくなってしまう気がして。
もう「あなた」に逢えなくなってしまう。

「大人にならないで」

と、私の心は言う。

時間が過ぎていくのが怖い。
日常に流れていくのが怖い。


二人が出会ったことに もしも意味があるとするなら
こんなに苦しいのは 今だけだよと自分に言い聞かせて
胸の痛みが あなたをどれだけ好きか伝えているよ
愛することが 怖くなっても あなたなら大丈夫だよね

抑えきれない気持ちは どこへ行くこともなく
戻ることなんてできない 時計のように ほら
今 あなたへ あなただけに向かって 
私は恋をしている

逢えない日々が続く 眠れない日々も続いていくよ
あなたと私の恋は 難しいことがたくさんあるから
いくらお互いが想っていたって けっしてつながることはない
だけど私は その日まで待つよ あなたが大人になるまで

世界中でこんなにたくさんの人がいるのに
あなたと出逢って恋に落ちて 同じ気持ちになれたのに
逢えない 逢いたい 今あなたに逢いたい
今 あなたに逢いたい


~Song for...~
[PR]
# by yurry-yurry | 2009-12-26 00:13

Destiny

昨日までつながっていた電話。
かからないとわかっているのにどうしてかけようとするんだろう。

大丈夫。私は大丈夫だから。
あなたからのメッセージを何度も繰り返し聞いている。
忘れないように、何度もあなたを思い出す。
帰らないとわかっている。でもこの想いに嘘はつけない。

ねぇ、本当は永遠なんてないこと
私はいつから気づいていたんだろう?
ねぇ、それでも二人で過ごした日々は
嘘じゃなかったこと 誰より誇れる
生きてきた時間の長さは少しだけ違うけれども

ただ出逢えたことに ただ愛したことに
想いあえなくても 忘れない

ねぇ、どうしてこんなにも苦しいのに
あなたじゃなきゃダメで そばにいたいんだろう
ねぇ、それでもほんのささやかなことを
幸せに思える自分になれた
ありふれた言葉でも二人で交わすなら意味を持つから

ただ出逢えたことで ただ愛したことで
想い合えたことで これからも

真実と現実のすべてから目をそらさずに
生きていく証にすればいい

ただ出逢えたことを ただ愛したことを
二度と会えなくても 忘れない



夢でもいい。逢いたい。
あなたのキスを抱きしめて眠ろう。
[PR]
# by yurry-yurry | 2009-12-23 01:37 | идеал(理想)

HANABI

花火のような恋だった、と彼は言った。

なんで好きになったんだろう?
いつから好きだったんだろう?
どうして好きになってはいけない人を好きになってしまったんだろう?

何も言わなくてもわかる。
言葉の奥にある気持ちが手に取るようにわかってしまう。
見ているものが同じ。感じるものが同じ。
お互いがきっとそんな風に感じていた。

「僕がもっと大人だったら、君につらい想いをさせることはなかった。
 心を残していくようなことはしなかった。
 でも君につらい想いをさせることになったとしても、伝えずにはいられなかった。後悔はない。
 あの日々にも言葉にも嘘はない。君に出逢えて本当に良かった。
 君が好きだった。君が欲しかった。
 そして今でも君を愛している。本当にありがとう。
 君への愛とともに僕はここを飛び立つよ。今はさようならだけど、きっとまた逢えると信じている。」


それはあの日にもう始まっていた。
きっとこうなることは決まっていた。
たとえ傷ついたとしても、後悔はない。
1日でも1時間でもあなたと一緒にいられた時間は幸せだった。
あなたに出逢えたこと、愛し合えたことをけっして忘れない。
本当にありがとう。



笑っていても 泣いて過ごしても 平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

何度でも君に逢いたい
めぐり逢えたことでこんなに 世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ


~HANABI~
[PR]
# by yurry-yurry | 2009-12-21 19:03 | идеал(理想)

As I am

まだこのブログが残っていた。

きっともう誰も見てないよね?

そう思ったら、ひそかに自分の気持ちを書いてみたくなった。

今私はロシアにいる。
不思議だけれど、きっとまたここに戻ってくるのだと、予感はしていた。
「想いながらすすめば、道は自ずと開かれるものである」と。
必要なのはプラスの想像力と少しの勇気と覚悟。
そうして今私はここにいる。

大切な人は日本においてきた。家族も友だちも。
彼らのいない日常が当たり前のようにそこにあって、私の現実が変わり始めている。
それでも、文明の力によって、私たちは空間を飛び越えて交わることができる。

今日、ある人からメールが届いた。
本当に久しぶり。日本にいるときだって、そんなに頻繁に連絡をとっていたわけでもないのに。
それでも私にとっての特別な人。
一瞬にして、その人の温かさや匂いを思い出して切なくなった。
外が寒いせいかもしれない。忘れていたぬくもりを思い出してしまった。

そうか、私の求めているものはそういうものなのかもしれない。
いつでも私を私として受け入れてくれる場所。安心して眠れる場所。
ここにはないと気づかされた。そう、あれは特別な場所。

寒さに負けて変な罠にかからないよう、今日はあの人の夢の中で眠ろう。
[PR]
# by yurry-yurry | 2009-11-24 23:19 | идеал(理想)

恋のため息

何時もの交差点で 彼は頬にキスする
また約束も無く 今日が海の彼方に沈む

大好きな歌を口ずさむとき
そしてそれがちょっぴり切ないメロディーだったりするとき
自分の中の「女の子」が押さえきれなくなっていることに気付く

彼と出会って恋に落ちて
二人の間に「恋人」という目に見えない形が創られていく

それは一体いつからそこにあったのだろう

ふとそんなことを考えながら
今ここにないぬくもりを想う

いつかは飽きてしまうのだろうか

「あの頃は楽しかった」

なんて、簡単に言ってしまうのだろうか

出会いなんていくらでもあるとあの子は言っていた

私はきっと彼の未来に嫉妬してしまう

どうか明日もこの手がつながっていますように
[PR]
# by yurry-yurry | 2008-07-28 01:17 | идеал(理想)


Дневник Юкикочки 
カテゴリ
全体
дневник(日記)
философия(哲学)
фильм(映画)
исскусство(芸術)
путешествие(旅)
идеал(理想)
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧