YUKKO 13



Good or Evil

「人は善か悪か」

中学の道徳の授業で話し合ったことを思い出した。
そのとき私はなんて答えたんだっけ。覚えてないけど、たしか「善」って言った気がする。
生まれたばかりの赤ちゃんは天使みたいで、穢れがないからとかそういう理由だったかな。
「悪」って答えた子たちは何て言ってたっけ?
人間は自然を壊して、他の動物たちを殺して、最後は自分たち人間を殺すから。

昨日ヒトラーの映画を見た。
それは1人の人間を描いた映画だった。独裁者も1人の人間だった。
愛する人がいて、家族がいて、彼を愛する人たちがいて。
だけど、彼はどこかで間違えた。自分が1人の人間であることを忘れてしまった。
その人たちが自分と同じ人間で、愛する家族がいることを忘れてしまった。
悲しいけれど、人は弱いから信じるものがないと生きていけない。そして信念を持った人間は時に恐ろしいほど強くなる。誰よりも何よりも強くなる。金も地位も名誉も権力も手に入れる。
そして大切なものを見失う。

赤ちゃんが笑うとまわりのみんなが笑顔になってしまうのはなぜだろう。
なんであんなにあったかくて幸せな気持ちになるんだろう。
肌の色も目の色も髪の色も関係ない。
ヒトラーもスターリンもビンラディンもテロリストたちもみんな生まれたときは一緒なのにね。
[PR]
by yurry-yurry | 2005-08-28 02:11 | философия(哲学)
<< From Russia pingouin et amour >>


Дневник Юкикочки 
カテゴリ
全体
дневник(日記)
философия(哲学)
фильм(映画)
исскусство(芸術)
путешествие(旅)
идеал(理想)
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧