YUKKO 13



カテゴリ:идеал(理想)( 9 )


How sweet you are

どこにいても 何をしていても
いつだって つながっている

ふと、思い出したようにメールを送ってみたけど
本当はずっと思っていた

自分にとって本当に大切な人は
どんなに距離があっても
時間が経っても
ブランクなんてない

ずっと続いていける

そうであってほしい


時々 思います あなたの事を
四六時中ぢゃないです。本当 時々です。

髪を切りました。そうとうバッサリと。
見てほしいケド 勇気がないのです。
この歌が届いてればいいんですケド・・・
そんでホメてくれたらうれしいですケド・・・

「おだやかな顔ね」そう言われて思うのは
微笑んで考える・・・あなたのおかげです。

でもそのせいで そうとう長い間
誰も好きになれません。
あなたのせいです。

時々 思います あなたの事を
四六時中ぢゃないです。 本当 時々です。

[PR]
by yurry-yurry | 2011-02-24 00:12 | идеал(理想)

太陽と北風

ストレートしか投げられない私は
相手に合わせて自分を変えるとか
相手の気持ちを伺いながら何かをするということが
とても苦手なのです。

それはときにはとてつもない強さを発揮し、
相手の心をズキュンと捉えることもできるわけですが、
そうじゃないときもあって、
それを受け止めてもらえないときの悲しさは
自分という存在自体を否定されるくらいの
大きなダメージとなって自分に返ってくる。

絡まった糸を解きたいと、もがけばもがくほど
どんどん絡まっていって、
あ、解けそうって思ったときには、また違う糸が絡まっていたりして
どんどん複雑になっていくその糸を解くための気力さえも
なくなっていく。
そもそも何のためにその糸を解きたいのかさえもわからなくなってしまう。

ありのままの自分を受け入れてほしいと思うのは
傲慢なことなのでしょうか?
今いる私を愛してほしいと思うのは
間違っているのでしょうか?

自分の気持ちを伝えれば伝えるほど
頑なに閉ざされていくものをどうやったら開けるのかと
ずっと考えてはいるのですが、
どうしても我が強いが故に、なかなか自分を押しとめておくことができず、
またいらないことを言ってしまう。
これではまるで北風と同じ。
今の私の「わかってほしい」という思いや言葉は北風と同じ。
愛される太陽になるために心を穏やかに「わかってあげたい」と思いたい。

なんで私が?なんのために?
その思いを捨てきれたとき、何かが見えてくると信じたい。
[PR]
by yurry-yurry | 2010-05-24 18:20 | идеал(理想)

Destiny

昨日までつながっていた電話。
かからないとわかっているのにどうしてかけようとするんだろう。

大丈夫。私は大丈夫だから。
あなたからのメッセージを何度も繰り返し聞いている。
忘れないように、何度もあなたを思い出す。
帰らないとわかっている。でもこの想いに嘘はつけない。

ねぇ、本当は永遠なんてないこと
私はいつから気づいていたんだろう?
ねぇ、それでも二人で過ごした日々は
嘘じゃなかったこと 誰より誇れる
生きてきた時間の長さは少しだけ違うけれども

ただ出逢えたことに ただ愛したことに
想いあえなくても 忘れない

ねぇ、どうしてこんなにも苦しいのに
あなたじゃなきゃダメで そばにいたいんだろう
ねぇ、それでもほんのささやかなことを
幸せに思える自分になれた
ありふれた言葉でも二人で交わすなら意味を持つから

ただ出逢えたことで ただ愛したことで
想い合えたことで これからも

真実と現実のすべてから目をそらさずに
生きていく証にすればいい

ただ出逢えたことを ただ愛したことを
二度と会えなくても 忘れない



夢でもいい。逢いたい。
あなたのキスを抱きしめて眠ろう。
[PR]
by yurry-yurry | 2009-12-23 01:37 | идеал(理想)

HANABI

花火のような恋だった、と彼は言った。

なんで好きになったんだろう?
いつから好きだったんだろう?
どうして好きになってはいけない人を好きになってしまったんだろう?

何も言わなくてもわかる。
言葉の奥にある気持ちが手に取るようにわかってしまう。
見ているものが同じ。感じるものが同じ。
お互いがきっとそんな風に感じていた。

「僕がもっと大人だったら、君につらい想いをさせることはなかった。
 心を残していくようなことはしなかった。
 でも君につらい想いをさせることになったとしても、伝えずにはいられなかった。後悔はない。
 あの日々にも言葉にも嘘はない。君に出逢えて本当に良かった。
 君が好きだった。君が欲しかった。
 そして今でも君を愛している。本当にありがとう。
 君への愛とともに僕はここを飛び立つよ。今はさようならだけど、きっとまた逢えると信じている。」


それはあの日にもう始まっていた。
きっとこうなることは決まっていた。
たとえ傷ついたとしても、後悔はない。
1日でも1時間でもあなたと一緒にいられた時間は幸せだった。
あなたに出逢えたこと、愛し合えたことをけっして忘れない。
本当にありがとう。



笑っていても 泣いて過ごしても 平等に時は流れる
未来が僕らを呼んでる
その声は今 君にも聞こえていますか?

さよならが迎えに来ることを
最初からわかっていたとしたって

もう一回 もう一回
もう一回 もう一回

何度でも君に逢いたい
めぐり逢えたことでこんなに 世界が美しく見えるなんて
想像さえもしていない 単純だって笑うかい?
君に心からありがとうを言うよ


~HANABI~
[PR]
by yurry-yurry | 2009-12-21 19:03 | идеал(理想)

As I am

まだこのブログが残っていた。

きっともう誰も見てないよね?

そう思ったら、ひそかに自分の気持ちを書いてみたくなった。

今私はロシアにいる。
不思議だけれど、きっとまたここに戻ってくるのだと、予感はしていた。
「想いながらすすめば、道は自ずと開かれるものである」と。
必要なのはプラスの想像力と少しの勇気と覚悟。
そうして今私はここにいる。

大切な人は日本においてきた。家族も友だちも。
彼らのいない日常が当たり前のようにそこにあって、私の現実が変わり始めている。
それでも、文明の力によって、私たちは空間を飛び越えて交わることができる。

今日、ある人からメールが届いた。
本当に久しぶり。日本にいるときだって、そんなに頻繁に連絡をとっていたわけでもないのに。
それでも私にとっての特別な人。
一瞬にして、その人の温かさや匂いを思い出して切なくなった。
外が寒いせいかもしれない。忘れていたぬくもりを思い出してしまった。

そうか、私の求めているものはそういうものなのかもしれない。
いつでも私を私として受け入れてくれる場所。安心して眠れる場所。
ここにはないと気づかされた。そう、あれは特別な場所。

寒さに負けて変な罠にかからないよう、今日はあの人の夢の中で眠ろう。
[PR]
by yurry-yurry | 2009-11-24 23:19 | идеал(理想)

恋のため息

何時もの交差点で 彼は頬にキスする
また約束も無く 今日が海の彼方に沈む

大好きな歌を口ずさむとき
そしてそれがちょっぴり切ないメロディーだったりするとき
自分の中の「女の子」が押さえきれなくなっていることに気付く

彼と出会って恋に落ちて
二人の間に「恋人」という目に見えない形が創られていく

それは一体いつからそこにあったのだろう

ふとそんなことを考えながら
今ここにないぬくもりを想う

いつかは飽きてしまうのだろうか

「あの頃は楽しかった」

なんて、簡単に言ってしまうのだろうか

出会いなんていくらでもあるとあの子は言っていた

私はきっと彼の未来に嫉妬してしまう

どうか明日もこの手がつながっていますように
[PR]
by yurry-yurry | 2008-07-28 01:17 | идеал(理想)

April

大切な人を大切にできていますか?

自分の何気ない一言で大切な人を傷つけてしまう
思ってもいないことを言って、気を引こうとする
”もっとこっちを見て”っていうサイン
好きな子をいじめてしまう小学生の男の子みたい
どうしてうまく伝えられないんだろう
こんなことが言いたいわけじゃないのに・・・

そんなときはそっと手をつなぐ
そっと横に座る
言葉がなくても伝わるものがきっとある
不器用な器用さ
大切なのはわかってほしいっていう自分のわがままじゃなくて、
この人のことをわかりたいって思う気持ち

ずっと一緒にいたいなんて思わない

もう少し一緒にいたい
あと10分、あと5分。。。

”もう少し”が続けばいい
[PR]
by yurry-yurry | 2006-04-20 12:27 | идеал(理想)

1月3日

21年前のこの日、私はこの世に生まれました。

母曰く、かなりの難産だったらしい。
初めての子ども、初めての孫だったから、家族の愛を独り占めしてたんだなぁ。
私が生まれたとき、ハイハイしたとき、初めて立ったとき、歩き出したとき、一番近くにいたのはやっぱりお母さんだったんだろう。
いやなことがあったとき、泣きそうなとき、寂しいとき、辛いとき、真っ先に浮かぶのはお母さんで、「おかぁさぁん」って心の中でつぶやいてた。
けんかもいっぱいして、泣かせたこともいっぱいあるけど、やっぱりこの人が母でよかったって思える。
お母さん、ありがとう。

私もいつか母親になるのかな。
もちろん完璧な母にはなれないし、欠陥ばっかりかもしれないけど、精一杯愛したいと思う。


私の誕生日を覚えててくれて、祝ってくれたみなさま、本当にありがとう。
あなたに会えただけで、この世に生まれて良かったと思えるよ。
すべての出会いと命に感謝☆
[PR]
by yurry-yurry | 2006-01-03 12:13 | идеал(理想)

背筋を伸ばして前を見る

最近あんまりいいことないなぁとか思って、結構落ちることとかあって、自分の嫌いな自分になりつつあった。
今日窓に映ってる自分の姿を何気なく見て軽くショックだった。

 なんだこのブスは!?w

服がどうこうとか、化粧がどうこうとかそんな問題じゃない!(そこは一応気使ってるつもりだしw)
自信なさそうにうつむきかげんで、すっごい暗い顔してた。
リュックが重いってのも確かにあると思う。それにしても姿勢が悪すぎる。

 背筋を伸ばしてまっすぐ前を見る

うん、ちょっとはマシになった。
ついでに髪も整えて、笑ってみる(キショイなw)。友達のブログに作り笑いでも効果あるって書いてたし。
うん、だいぶマシになった。

ここに来てもう半年経ったんだ。気付けばもう春も夏も終わって、秋深し。冬になろうとしてる。
中庭の桜の葉ももう色が変わって、じきに散ってしまう。早いなぁ。
 
 私は何のためにここへやってきたんだろう

「今年は変化の年です」ってなんかの占いの本に書いてあったっけ。(細木数子?w)
確かにここに来て、たくさん変わったな。周りの環境も、自分自身も。
日本語教師になろうって思ったんだった。でもこれが自分の本当にやりたいことなのか、正直わからない。
就活なんて言葉がちらほら聞こえてきて、日経ナビなんかから毎日メールがきて(いつ登録したんかな?)、他の大学に編入した友達ももう動き始めてて、自分も何かやらなきゃって思うのに動けない。
就職フェアの日程を新しい手帳に書き込む。就職支援室に行ってみる。そこで友達が載ってる「ホテル業界への就職」みたいな本を見つける。
改めて、自分の同級生が去年の今頃必死に頑張っていたことを思い出した。同時にその子と自分の決定的な違いに気付く。

 私は何がしたいのだろう

具体的な目標をもった人間は強い。理想論なんてってバカにされるかもしれないけど、「なりたい自分像」を持つことは無意味じゃないと思う。
まずは背筋を伸ばして前を見よう。ついでに深呼吸も。等身大の、今ある自分の姿を鏡に映してみよう。
何かに夢中になることはいいことだけど、それにとらわれすぎて自分を見失わないように。
自分で自分をブスにしちゃいけないね。

新しいカテゴリー追加!! идеал (ideal)
[PR]
by yurry-yurry | 2005-11-09 00:45 | идеал(理想)


Дневник Юкикочки 
カテゴリ
全体
дневник(日記)
философия(哲学)
фильм(映画)
исскусство(芸術)
путешествие(旅)
идеал(理想)
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
links
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧